2009年01月04日

あけましておめでとうござ

長らく放置してましたが、思い出したように再開ww
今日はつもうでに行ってきたんですが、
そのときにやたら走り屋風の真っ黒い車が

ブボボボボボ

と交差点に入ってきまして、

ブォボッ! カーン!

と、首都東京の道路事情には不釣合いなほどの加速で
走り去っていったのれすが…


なぜか車体に銀様がwww

ローゼン麻生もびっくりんこwwww


これがいわゆる痛車というやつですね!
リアルで見たのははじめてです
車好きとアニメ好きって意外と近い存在なんでしょうか

まあ…趣味に金つぎこむのに躊躇しないって点では
近いのかも知れません(;´∀`)

続きを読む
posted by みの虫 at 04:41| Comment(2) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ご存知ないのですか

風呂でさー
屁こいて泡がぼこぼこってなって
そしたらいちおう臭いかぐよね?

ふつうに屁をかぐより臭いと思うんだが、
あれは…温度の問題なのかな??
お湯の温かさによって気体(屁)の分子
の運動が活性化されるのかな?

それとも、水中という閉ざされた空間の
中に放出された屁は、空気中に拡散する
ことがないから、いわば臭気が凝縮された
状態になってるから臭いのかな?

まあどうでもいいことだけどね…(^ω^;

posted by みの虫 at 00:29| Comment(2) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

生きてると色々なことがある

人間だもの(´・ω・`)
そりゃ色々あるさ(´・ω・`)

たとえばね、地下鉄の駅って、風強いじゃん?
特に入り口
下り階段のところで、下からすごい風が

ブォワ!!

って吹きつけてくるじゃん?

で、女性のスカートが

ブォワ!!

ってめくり上がるワケじゃん?

だいたいの人はね、あらかじめ手で押さえてるんだけど
たまに油断して押さえてない人とかいるのね
そーいうのが

ブォワ!!

ってね!! 人間の運命ってもの考えるだろこれはwwww

でもね、あわてて手でおさえるからギリギリセーフなんだ
パンチラはしないんだ
ここ重要(`・ω・´)

モロでもない、チラリズムでもない
もはやそんな次元ではない

それがギリギリイズム

野球でもさ、スライディングするランナーにタッチアウトを
仕掛ける、ギリギリの、コンマ何秒かの勝負がさ
手に汗握るっていうか…

わかるかな!?

くいこみハイレグのギリギリさじゃないんだ
そういう静止画的なギリギリさは実はギリギリじゃない

重要なのは瞬間なんだ

吹きつける風、めくり上がるスカート…
そしてその一瞬を捉える、みのeye

三者の運命が、ここで見事に重なり合っているわけだ
二度と再現されぬ一瞬の運命の交錯? っての?
そう、その瞬間、オレたちはひとつになれる

時空を超えて、運命の歯車がカチリと音を立ててかみ合うんだ

それこそがギリギリイズム

ま、たとえばの話ね
あくまでたとえばの話


…キミがくじけそうな時は、ぜひこのことを思い出してほしい
そうすれば、ボクもうれしいな(`・ω・´)




2008.09.27 キプロス島にて


posted by みの虫 at 16:28| Comment(2) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

ゴメン疲れてるんだ(´-ω-)

貧乳と豊乳どちらが良いかというのは、文化人類学的に
非常に難しい問題だ。

貧乳の最大のメリットは何だろうか?
それは…おそらく「省スペース」ということだろう。

満員電車などでガードしやすいという利点は識者も一致して
認めるところだ。他にもたとえば、狭い脱出口を潜り抜ける
ことが可能なのは、凹凸の少ない体系であろう云々、という
考え方である。

このようなカタストロフィ下での貧乳の生存性について、
デンマークの著名な乳学研究者モミルフ教授は、

「貧乳には環境的遺伝優位性というべきものがある」

と力説した(彼の妻は貧乳であった)。
彼はその代表的な例として「エイリアン」のリプリー中尉を
挙げた。

もっとも、これは20世紀アメリカの研究者パイマン博士によって、

「乳以外の部分で凹凸が激しければ、優位性は認められない」

とあえなく論破されたのであったが…。

ともあれ、貧乳の「省スペース性」についてはパイマン博士も
大いに認めるところであり、「遠い未来には、貧乳が人類の
スタンダードとなることは疑いない。むしろそうなるべきだ」
とまで述べている(彼の妻は豊乳であった)。

では一方で、豊乳の最大のメリットは何だろうか?
日本の研究者である秩ヶ森教授によるとそれは「居住性」である。

「車でも飛行機でも、シートはフカフカな方が気持ちいい」

しかしこの発言は学会からは失笑を、世間からは反感をもって
迎えられたことは、言うまでもない。
また彼は、「豊乳は文化の爛熟度を計るものさしだ」とも
主張している(ちなみに彼には結婚暦がない)。


つまるところ、乳の貧豊は「生物の多様性の一局面にすぎない」と
の主張が、現在の学会の主流ではあるのだが、世のフェミニスト
からは研究自体が不毛であるという批判を浴びている。
(このため学会は慢性的な資金不足に見舞われている)



世界乳学学会定例研究発表会1996(於アムステルダム)
posted by みの虫 at 19:59| Comment(2) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ワイヤレス化れすか?レレレのレ〜

だんだんケーブルがうざくなってきたので、マウスとキーボードを
ワイヤレス化することにしますた(`・ω・´)
オンラインショピングでポチリ。

ホントは電池の交換とか処分とかめんどいんで、キライ
なんですけどね…ハフン(´・ω・`)

電源ケーブルとかも早く無線化しないかな(´・ω・`)
空気中の静電気を増幅するとか、暗黒空間から電気召還するとか…

一回タップの整理しなきゃならんかなぁ〜
あああああああああめんどくせぇ〜(ンパンパ

がんがる(´・ω・`)q
posted by みの虫 at 02:12| Comment(5) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。